クローゼット、予算、そして自分のスタイルに合わせて服を選んでくれる個人的なスタイルのリストを置きたいと思わアンウシンか?もちろん、これはオンラインです。さらに、ブランドは、直接選んだ服をあなたの家の玄関までお届けします。好みの服は、保管していない服は戻せばされます。

今すぐあなたの想像力をしばらく休ませて顧客にパーソナライズされた経験を最後に提供されたときを考えてみてください。我々は、すべてパーソナライズされた経験が顧客のロイヤルティを向上させ、顧客の顔に大きな笑顔をもたらすということを知っている。競合他社が注目を集めるために少なからぬ努力をしてもブランドは、顧客との継続的接続されます。

これは、デジタルマーケティングの重要な扱わなければならする個人です。単に電子メールの件名に名前を付ける程度を超えて超個人(hyper-personalization)言葉です。

「超個人」とは?

超個人は、顧客データに基づいて、高度にパーソナライズされた製品、サービス、およびコンテンツをターゲット顧客に提供することです。顧客が一日を気持ちよく始められるように、オフィスに、その顧客が好きなコーヒーを配信するようにね。

マルコム・グラッドウェルは、2004年に発刊した自分の著書「転換点(tiping point)」で超個人が2020年のマーケティングの重要な部分になって、企業が進化する消費者のトレンドに歩調を合わせるの要件に変わると予測していまし。これは正確にそのまま迎えました。

今日の企業は超パーソナライズされたマーケティングを可能にする、あらゆる種類の顧客データを持ちました。しかし、さすがにこれを活用してどのようにブランドが超パーソナライズされた顧客体験を提供することができますか?今日は超パーソナライズされた顧客体験を伝えることができる7つの戦術とその事例を話してみましょう。

1.超パーソナライズされたチェトボトを活用して、顧客が好きなテーマで会話分割

歴史的に一番好きな偉人は誰ですか?自分の好きな偉人について知っていることに多くの時間を費やしたと思います、もし、その位のと、個人的に、より多くの話を交わし、それについての詳細を知ることができればどうか想像してみてください。その位のに個人的に気になることを、まるで友人と会話を交わすように聞いて答えを得ることができるチェトボトがここにあります。

ナショナルジオグラフィックは、そのフェイスブックのページにメッセンジャーボットを設置し、ユーザーがアルバート・アインシュタイン、ピカソなどの世界的な偉人たちと会話を交わすことができるようしました。ナショナルジオグラフィックのTVショー「Genius」は、一連の事件と歴史、そして有名人のデータを活用してメッセンジャーボットを作成しました。このチェトボトはユーザーの対話に沿って行き、彼らにそのTV番組を知らせ、関連するトピックについての議論を着ています。

おそらくブランドごとにターゲット顧客が好むことがあるでしょう。ユーザーとの対話し、問題を共有し、それに関するソリューションを提供する方法で答えを与えるチェトボトを作成することができるでしょう。もちろん、このチェトボトは、ソリューションを提供しながら、同時に、その製品を流すように推薦することもできるでしょう。

2.超パーソナライズされたモバイルアプリの経験で、顧客維持

多くのスターバックスのファンはただコーヒーだけでなく、ブランドが提供するカスタマイズされたロイヤルティプログラムアプリも熱狂します。スターバックスは、このアプリがまるで自分自身のために作られたかのように、ユーザーが感じることができるように、高度にパーソナライズしアプリを設計した。

たとえば、顧客が定期的にスターバックスで特定のメニューを食べるなら、このアプリは、もし、その顧客がそのメニューを再発注するとき別のポイントを与えます。これ顧客が再び店を訪問することができるようにする超パーソナライズされた戦術です。スターバックスは、過去の購入履歴、ユーザの好み、活動データなどを分析し、各顧客に合った製品をお勧めします。

モバイルアプリのマーケティングビジネスの一部であれば、超パーソナライズされた顧客体験を伝えることができる良い空間を持つようになります。お客様のデータポイントを収集して、顧客が好むに値する製品を推薦するために使用してください。顧客が購入の決定を下すことができるよう促すリワードプログラム、無料製品や割引などを積極的に活用することができます。

3.超パーソナライズされたプッシュ通知で、お客様をブランドにはまっようにしてください。

ネットフリックスについて話試みますか?ネットフリックスアプリのプッシュ通知は、ユーザに、今すぐ確認したい衝動を感じさせてアプリにどの新作が発売されたことを確認してみゲクム作成します。これは、すぐにユーザーの個人のためだけです。ネットフリックスのような超個人マーケティングは、ウェブサイトから開始されます。ここに訪問するとすぐ、ユーザーが関心が多いそうな製品を推薦してくれるでしょう。

一度ブランドが顧客の情報を収集すると、プッシュ通知は、その顧客が決してネットフリックスを忘れないようにすることです。その押し引きプッシュ通知は、決して強制ではありません。むしろ顧客は、むしろ、より多くの通知をお勧めします。ネットフリックスのファンが、このようなブランドのプッシュ通知戦略を説明したツイートの内容を見てみましょう。

ネットフリックスは、ユーザーがコンテンツの好き嫌いを評価することができます。このようなデータは、コンテンツのストリーム数と個々のユーザーのプロファイルデータと結合して、ユーザーが好きなコンテンツを予測することができます。そしてネットフリックスは、このデータを活用して、プッシュ通知の形の超パーソナライズされたコンテンツを推薦することになります。このように推薦されたコンテンツは、ネットフリックスがまるで自分をよく知っているかのように感じるほど正確です。

ユーザーにアプリやウェブサイトを介してコンテンツ/製品/サービスの好き嫌いを評価することができるオプションを提供していて下さい。このデータを活用して、ユーザーの過去の記録と結合して超パーソナライズされたプッシュ通知を送信するブランドにはまっように作成します。

4.超パーソナライズされた電子メールでユーザーの希望伝達

もしあなたがアマゾンの長いお客様はどの瞬間アマゾンが毎分守って見ることを感じたのです。それ以外の場合、最近の検索した製品について、Amazonからのメールを受信したことがなかったのです。たとえば、アマゾンでダン・ブラウンの「ダ・ヴィンチ・コード」という本を購入した場合、3日後に、次のように同じシリーズに含まれている本のリストがあるメールを受信します。

アマゾンはユーザー名、検索量、検索にかかった平均時間、過去の検索や購入履歴、購入にかかった時間、平均支出費用などのユーザーデータへの完全なアクセスが可能です。このデータを活用して、Amazonは、各ユーザーのプロファイルを作成して、最近に検索した製品(または同じブランドで製品を購入した可能性がある)を強調する高度にパーソナライズされた電子メールを作成して送信します。

超パーソナライズされた電子メールを設計するには、次のように4つの顧客データポイントが必要です。

  • お客様の前の購入履歴
  • 捨てられたカート詳細内訳
  • 料金ページから離脱したお客様
  • 好ましい製品

上記の詳細を活用してマーケティング担当者は、顧客が拒絶するのは難しいほど高度にパーソナライズされた購入の提案とメリットなどで包装された関連性の高い商品の販売メールを送信することができます。

5.超パーソナライズされたコンテンツにユーザーの知識レベルの向上

これがいかに働くかどうかを確認するために、どこにも行く必要がありません。ただ、スマートフォンでGoogleを開くと、その答えを知ることができます。ここで述べたいところはすぐに、Googleディスカバー(Google Discover)機能です。グーグルに訪問すると、いくつかのトピック私の目に見えてなり、それより詳細を知るために、その機能に深く、より入ります。まるで、ソーシャルメディアのような音。

もしあなたがディズニーの熱烈なファンであり、Googleのディスカバーも、このような点をよく知っている似たような内容を更新すると仮定してみましょう。ご存知のように、Googleは、各ユーザーの検索履歴をすべて知っている。このデータを使って、Googleは、特定のトピックに関するユーザーの関心領域と知識のレベルを予測することになります。そして、ユーザーに関連するコンテンツを配信することにより、彼らが興味の知識レベルを発展させることができます。

例えば、もしあなたが次の旅行を計画した場合ディスカバーはあなたに訪問する最もよい場所に関する記事を表示します。同時にディスカバーは皆さんの知識のレベルをアップグレードしてくれる次の旅行に関する記事3ヶ月値をあらかじめ保存されます。

アプリ、電子メールまたはプッシュ通知などを介して、ユーザーが好きなコンテンツを提供していて下さい。最近検索した内容を継続トラッキングして、同じコンテンツもしくはアップグレードされたコンテンツをタイムリーにできるだけ早くお渡し下さい。顧客が自分のブランドからケア受ける感じを受けるようにすることが重要です。

6.超パーソナライズされたUGCコンテンツにブランドコミュニティの構築

スマートフォンで撮った写真を活用して、特定のハッシュタグキャンペーンに参加している人々は、人々は、コミュニティの一員として感じ自分のiPhoneで写真を撮るのが好きです。その見返りに、Appleはブランディングとマーケティングの面で良い印象を受けます。

アップルは、数年前から#ShotOnIphoneキャンペーンを行います。消費者は、iPhoneでクリックショットを撮って、最高の瞬間を共有することができるように動機を与えましょう。このキャンペーンは、Appleがトレンドを決して逸脱しない多くの理由の一つでもあります。

ユーザーがソーシャルメディアなどを通じて何かを共有することができるキャンペーンを作成します。話、写真、ビデオ、その他のすべてのこと。彼らの物語を、あなたの空間で共有彼らのコミュニティの一部のように感じられるようにする必要があります。このコミュニティが成長すればするほど、ユーザーは喜んでより多くのことをコミュニティで共有することになります。

7.超パーソナライズされた機能を使用して、ユーザーがブランドに投資するように作成

ユーザーがあなたの製品やサービスに投資するようにする一つの方法があります。スポーティパイ(Spotify)は、単純な音楽ストリーミングアプリがありません。スポーティパイは、顧客が彼らだけのプレイリストを作成し、そのアカウントで全体の音楽ライブラリを作成する方法を作るように誘導します。

数ヶ月に渡って、ユーザーは、通常、他の音楽アプリでは想像できない数多くのトラックを持つ何百ものプレイリストを作成します。彼らはスポーティーパイ多くの時間を投資しており、その作成されたプレイリストを維持するために喜んで使用料を支払うことを意図があります。スポーティパイのプレイリストは、ユーザーが多くの努力を傾けず、自分の好きな音楽を続け没入しをするように設計された。

ユーザーがアプリ内で自分のものを作成することができるようしてください。彼らが最も好きだった記事のリストやスニペットのようなものであれば、はるかに良いです。彼らはそれを宝物のように保管して、いつでもそれを開くことができるように簡単にアクセスすることです。

超個人への切り替え時間

上記の例と戦略を活用して潜在的な顧客を抑止ではなく、意味のある方法でだが集めることができます。また、潜在的な顧客をブランドに引き続きオフに保持することができます。超パーソナライズされたマーケティングは、すべてのタイプのビジネスで適用することができます。顧客との長期的な関係を構築し、ビジネスの成長を導く中核となるでしょう。